【学習性無力感】無気力なのは失敗続きだから?小さな成功で勝利を掴め!【成功体験】

まっち
こんにちは。まっち(@matched_ch)です。

あなたは「学習性無力感」というものを知っていますか?

この症状を理解しているのと理解していないのとでは、目標を達成するのに大きな差が生まれてしまいます。

この記事を読んで正しい目標達成の仕方を学んでいって下さい。

この記事を読むべき人
  •  無気力なのをどうにかしたい
  • 目標に向かって努力したい
  • 「学習性無力感」について知りたい

 

学習性無力感

実験

「学習性無力感」とは以下の実験によって提唱された現象です。


犬を以下の3つの群に分け、オペラント条件づけに従って、電撃回避学習を課した。


・頭部を動かすと電撃を停止できる群。
・第一統制群:パートナーが受ける電撃を同様に受ける。
・第二統制群:電撃を受けない。

第一統制群の、自分では電撃を停止できない犬は、回避行動をとらず、電撃を受け続けた。こうした実験によって非随伴的な刺激が与えられる環境によって、何をやっても無駄だ、統制不能だという認知を形成した場合に、学習に基づく無力感が生じるとし、学習性無力感が提唱されたのである。


学習性無力感 – Wikipedia

この実験では、ヒトでも同様の不適応を起こすことが確認されていて、更にその症状はうつ病のものと似ていることもわかりました。

つまりどういうこと?

上記の実験によってわかることは、問題の解決に失敗し続けると(解決できるにも関わらず)解決することを諦めるようになってしまう、ということです。

この現象は「ハラスメント」や「ブラック労働」、「いじめ」においても確認されています。

学習性無力感に陥らないために

1度、学習性無力感に陥ると改善するのは難しいです。

実際に、目前の問題を解決することに対して、5回も失敗している場面を想像してみて下さい。

とてもやる気にはならないですよね?

しかし「学習性無力感」には最適な対策が存在するので安心して下さい。

小さな成功体験を積み重ねるべし

最適な対策とは、端的に言えば失敗しないことです!

とはいっても初めから「失敗しないこと」が可能ならばそもそも問題ではありません。

私が言いたいことは

成功するのが難しい目標は、小さくバラバラにして1つずつ成功していく

ということです。

目標を小さく細かくするべし

大きな目標をいきなり突破することは難しいですが、小さな目標をいくつかこなすことは簡単なことです。

9段の跳び箱が飛べないのなら、3段の跳び箱を3回飛べばいいだけの話です。

小さな目標をいくつも設定して、それを積み重ねて大きな目標を達成する。そうすれば学習性無力感に陥ることはなくなります。

以下の例はブログの場合です。

目標の具体例

「ブログで10万円稼ぐぞ!」

↓  ↓  ↓

「まずは10記事書く」→「次は広告をゲットする」→「次は人気がでる記事に挑戦する」→(つづく)

このように「大きく途方もない目標」よりも「小さく細かい目標」をこなす方が精神的にも技術的にも楽です。

このように何か大きな目標があるときは、その目標を小さく細かくしてみて下さい。

まっち

私はとりあえず「1日1記事」を目標にしています 

まとめ

学習性無力感の対策
  • 小さな成功体験を積み重ねる
  • 目標は小さく細かくする

人は知らず知らずのうちにやる気を削がれていることが多いです。

あなたのやる気を守るためにも、是非今回の内容を実践してみて下さい。