「努力したくない」気持ちの正体とは?行動心理学の観点から解説します。

まっち
こんにちは。まっち(@matched_ch)です。

あなたは努力するのが好きですか?

それとも嫌いですか?

私は生粋のめんどくさがり屋で、努力という言葉が苦手です。

運動や筋トレも苦手で、体育の授業は仮病を使って休むタイプの生徒でした。

努力というと、何かを成し遂げるために、泥臭く暑苦しく、そして一生懸命に物事に取り組む、そんなイメージを抱いています。

このイメージは偏見ですが、そんな受け取り方をしてしまうほどに、私には熱量がありません。

なので「努力しないとダメじゃん!」といわれても「えっ、なんで?」と答えてしまいます。

今回の記事は「努力したくない」という気持ちの解説です。

「努力したくない」気持ちの正体

はじめに「努力したくない」という気持ちの正体に触れておきましょう。

「努力したくない」を言い換えるとこうなります。

努力するのは嫌だけど

努力しないとまずい状況にある

たとえばテスト勉強を例に挙げてみましょう。

  • テスト勉強はしたくない
  • 悪い成績を取ると叱られる

勉強は嫌だけど、テストで悪い結果を出すわけにはいかない。

相反する状況ですね。

このような場合に口から出てくるのが

「努力したくない」

です。

そもそも努力しなくてもいいのであれば、「努力したくない」という言葉は出てきませんよね。

「努力しないといけない理由」をあなたが持っているからこその言葉なんです。

それではあなたが抱えている「努力しないといけない理由」とは何なのでしょうか?

先ほどのテスト勉強の「勉強しないといけない理由」は、「先生や親に叱られる」という自分の外側に理由がありました。

しかし理由は意外と自分の中にもあります。

  • テストで良い点数をとってチヤホヤされたい
  • 友達にバカにされるのは嫌だ
  • 成績をキープして受験に役立てたい

考えてみると色々ありますよね。

仕事における「働かないといけない理由」についても考えてみると、

  • 親を安心させてあげたい
  • お金を稼がないと生きていけない
  • 社会的立場を守りたい
  • 異性からの評価を上げたい

などが挙げられるでしょうか。

「努力しないといけない理由」の大半は無意識下に潜んでいて、自分を深く観察しないと自覚できません

これを機に考えてみることをオススメします。

「努力したくない」を行動心理学でみると

努力するのは嫌だけど

努力しないとまずい状況にある

先ほどは「まずい状況」に触れました。

次に「努力するのは嫌」について考えてみましょう。

行動心理学では、人間の行動理由(行動しない理由)は2つに分類されます。

  1. メリットを得られる
  2. デメリットを回避できる

得をしてプラスになるのか、

損を回避してプラスになるのか、です。

数学でいえば、前者が+1、後者がー(ー1)=+1ですね。

それでは「努力するのが嫌」を行動心理学に当てはめて考えてみましょう。

あなたが努力しないのは「①メリットを得られる」ではなさそうですよね。

なぜならあなたが悩み苦しんでいるからです。

例えば努力しないことでお金がもらえるような、特別な環境に身をおいているのなら、それほど悩んではいないんじゃないでしょうか?

従ってあなたは努力しないことで、なんらかのデメリットを回避しているはずなんです。

  • 体が疲れない
  • 精神を病まない
  • 趣味の時間が奪われない

私が努力を嫌がる理由はもっぱら「精神を病まない」です。

元々大人しい性格なので、ハリキリ過ぎると、電池の切れた時計のように倒れ込んでしまいます。

あなたの理由は何でしょうか?

これもまた自分を深く観察して見つける必要があります。

努力は目的に依存する

今更ながら「努力」の意味を確認しましょう。

ネット辞書で意味を調べてみました。

ある目的のために力を尽くして励むこと。

努力(どりょく)の意味 – goo国語辞書より引用

目的

当たり前なので触れてませんでしたが、努力には前提となる目的が存在します。

この目的を深堀りしてみましょう。

「努力したくない」と思っているあなたは、努力しないとまずい状況にあるはずですが、それは本当にまずいことなのでしょうか

テストの例で、自分の点数に満足していれば、「テストの点数を上げる」という目的は成立しません。

誰になんと言われようと構わないのであれば、「叱られるのを防ぐ」という目的が成立しません。

そもそも受験しないのであれば、「良い成績をとって受験に役立てたい」という目的は存在し得ないでしょう。

このように努力の目的を何と捉えるのかによって、「努力したくない」の原因も変わってきます。

あなたが「努力したくない」原因はどこにありますか?

大事なのは無意識と向き合うこと。

あなたは「努力はしなくても良い」と考えていますか?

それとも「努力は必要だ」と考えているでしょうか?

もしあなたの考えが前者ならば、悩みは解決です。

「努力しなくても良い」のであれば「努力する目的」がありません。

堂々と努力しない道を選んでOKです

しかし、あなたはきっと、努力しない道を選択できないでしょう。

それはあなたが、意識しているのか無意識なのかは置いておいて、「努力は必要なものだ」と考えている証拠ですね。

その場合でも解決方法はカンタンです。

努力する目的を明らかにする、これに尽きます。

目的はあなたが納得できるものならば何でもいいです。

私は「お金が必要だから渋々働く」のような嫌々何かをするのも悪くないと思っています。

重要なのは無意識の自分と向き合うことです。

人間は不合理な生き物で、頭では「Aが正解」と思っていても、Bを選んでしまいます。

「Aが正解」だと思うのであれば、ちゃんとAを選択する。

これができるようになれば、悩みは解決しますよ。

長くなりましたが、あなたの努力が実を結ぶことを祈っています。