チームとグループの違いとは?4つの観点から例も交えて解説。

この記事でわかること
  • ロビンスが述べたチームとグループの違い
  • グループをチームにするために必要なこと
まっち
こんにちは。まっち(@matched_ch)です。

チームとグループの違いって知ってますか?

この2つの言葉は混同されがちですが、実際には異なります。

例えば、

  • チームワーク
  • グループワーク

を想像してみるとわかりやすいです。

チームワークはみんなで協力するイメージ、

グループワークはみんなでわいわいするイメージがあると思います。

今回はスティーブン・ロビンスが提唱した「チームとグループの違い」を解説しますね。

チームとグループの違い4つの観点

ロビンスが提唱した「チームとグループの違い」には4つの観点が存在します。

その4つはこちら。

チームとグループの違い4つの観点
  1. 目標
  2. 相互影響
  3. 説明責任
  4. メンバーの能力

①目標

1つ目の違いは目標の扱いです。

  • チーム:全員で集団的な業績を目指す
  • グループ:情報共有に留まる

グループは目標を設定しても、情報共有に留まり、成果を強く意識することはしません。

場合によっては目標そのものが存在しないことも。

それに対してチームはメンバー同士で協力し合い、目標の達成を第1に考えます。

集団がチームとなるためには共通の目標が必要不可欠なのです。

小学校の集団登校の例を考えてみましょう。

集団登校では「みんなで安全に登校する」という目標が掲げられています。

しかし各々が「安全に学校まで行けばいいんだろ」と、自分のペースで登校すれば、チームとは呼べないでしょう。

グループ止まりですよね。

そこで全員が「みんなで安全に登校する」を共通の目標として認識すればどうでしょうか?

上級生は仲間意識をもって下級生の面倒をみるかもしれません。

列を組んで車や自転車から守ることもありそうです。

こうなればチームと呼べそうですね。

このように目標を共有するだけでなく、全員で達成を目指してこそ、集団はチームになり得るのです。

まっち
目標を掲げるだけで満足してはダメということですね。

②相互影響

2つ目の違いは相互影響への態度です。

  • チーム:積極的に関わる
  • グループ:関わりに消極的

先ほどの集団登校の例に戻りましょう。

「みんなで安全に登校する」という目標に従い、全員揃って登校したとします。

そこでもし、列を組むことなく、言葉を交わすこともせずに、登校したとすればどうでしょうか?

これはチームとは呼べそうにありませんよね。

この場合の集団は、ただ一緒にいるだけ

同じことは1人でもできます。

それぞれのチームメンバーには協力が求められ、互いの関わりが必要です。

互いの欠点を補い合い、互いの長所を活かす。

そうして1人ではなし得なかった目標を達成してこそのチームです。

まっち
グループはメンバーの足し算、チームはメンバーのかけ算と表現されます。

③説明責任

3つ目の違いは説明責任を誰が担うのかです。

初めに「説明責任」の意味を確認しておきましょう。

説明責任とは、自らの行為の責任および責務を引き受けることを意味します。つまり、期限を守ることを確約し、期限内に仕上げるために全力を尽くすということです。

説明責任の定義 単元 | Salesforce Trailhead
  • チーム:メンバー全員で説明責任を負う
  • グループ:各メンバーが説明責任を負う

集団登校の例における説明責任は、学校の先生や親と「みんなで安全に登校する」と約束をした形でしょうか。

グループにおいては「自分1人が登校できればいい」というように、各メンバーが説明責任を負います。

しかしチームでは、全員が「全員の登校」に対して共同して責任をもつのです。

集合場所に来ない子がいれば呼びに行ってあげる。

歩きの遅い子がいれば面倒をみてあげる。

「1人1人ができるか」ではなく、

「全員でできるか」がチームとして重要な観点なのです。

まっち
一心同体ということですね。

④メンバーの能力

4つ目の違いはメンバーの能力についてです。

  • チーム:補完的な能力を持ったメンバー
  • グループ:能力がバラバラのメンバー

集団登校の例では学年の違いが該当します。

上級生は経験を活かし、全員を引き連れる役目、

中級生は年が近いことを活かし、下級生の相手をする役目を担います。

もしこの集団が下級生だけで構成されていれば、目標の達成は困難になるでしょう。

ほかにも友達と旅行に行くシチュエーションにおいても、

  • 観光場所を決める人
  • 宿を予約する人
  • 車を運転する人
  • 旅行を盛り上げる人

といった役割分担が考えられます。

チームはメンバー同士の協力がキモです。

そのため能力の補完が可能なメンバーを集めれば、よりチームとしての力を発揮できます

まっち
チームを構成する際にはメンバーの能力相性にも注意を払いたいところです。

グループをチームに変えるには?

グループをチームに変えるには、

バーナードの「組織の成立要件」を満たす必要があります。

バーナードの「組織の成立要件」
  1. 共通目的
  2. 協同意欲
  3. コミュニケーション

この3つの要件についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

組織運営に欠かせない「組織の成立要件」を知っていますか?【バーナードの組織論】

2019.05.27

まとめ:チームとグループの違い

グループからチームへ
  1. 目標 → 集団的な業績をあげる
  2. 相互影響 → 積極的に行う
  3. 説明責任 → 共同的に責任を負う
  4. メンバーの能力 → メンバー間で補完し合う

人が1人でできることは限られています。

しかし、ただ集団で活動すればいいというわけではありません。

カッツェンバックという方はチームを以下のように定義されています。

チームとは、ある特定の目的のために多様な人材が集まり、協同を通じて、相乗効果を生み出す少人数の集合体。

キーワードは協同相乗効果

人が助け合い、互いの長所を活かし合うことで、集団はチームとして機能します。

チームとグループの違いを理解して、素敵なチーム運営をしてくださいね。