勉強がはかどる6つの方法。集中・やる気・効率を爆上げする必見テクニック。

この記事でわかること
  • 勉強がはかどる集中UPの方法2つ
  • 勉強がはかどるやる気UPの方法2つ
  • 勉強がはかどる効率UPの方法2つ
まっち
こんにちは。まっち(@matched_ch)です。

「勉強に集中できない……。」

「机に向かう気になれない……。」

といった悩みを抱えていませんか?

勉強がうまくいかない悩みはテクニックで解決することができます。

安心して私についてきてくださいね。

今回は勉強がはかどる6つの方法を紹介・解説します。

勉強がはかどる集中UPの方法

まずは勉強の集中力を高める方法を解説します。

勉強がはかどる集中UPの方法
  1. ポモドーロテクニック
  2. 瞑想

①ポモドーロテクニック

1つ目の集中力を高める方法はポモドーロテクニックです。

ポモドーロテクニックでは25分の勉強と5分の休憩を繰り返します。

ポモドーロテクニックのやり方
  1. 25分の勉強を行う
  2. 5分の休憩をとる
  3. ①と②のセットを繰り返す
  4. セットを4回繰り返したら20分の休憩をとる

ポモドーロテクニックには以下のメリットがあります。

  • 適度な休憩により疲れることなく勉強できる
  • 短い時間に集中するトレーニングになる
  • 「早く続きをやりたい!」気持ちを刺激して、さらに集中力が高まる(「ツァイガルニク効果」と呼ばれる心理現象)

ポモドーロテクニックは勉強時間を細かく区切ることで、長時間の勉強を可能にします。

「集中力がすぐ途切れる」や「集中するまでに時間がかかる」人に最適の勉強法です。

ポモドーロテクニックのコツと失敗談を明かします。

2019.04.23
まっち
ポモドーロテクニックを始めて1週間もすれば集中力の高まりを実感しますよ!

②瞑想

2つ目の集中力を高める方法は瞑想です。

瞑想は3分もあればできます。

気軽にできる瞑想のやり方
  1. 目を閉じて瞼の裏に集中する
  2. ゆっくり深呼吸する

瞑想のメリットはこちら!

  • 集中力が上がる
  • 感情の整理ができる

瞑想は頭の中を整理してくれます。

勉強するのに邪魔な情報や感情をしまってくれるので、勉強の集中力を高めることができるんです。

勉強する前に瞑想をすれば、勉強がはかどることは間違いありませんよ!

気軽にできる瞑想のやり方と3つのメリット。

2019.01.17
まっち
勉強以外でも感情の整理をしたいときは瞑想がオススメです!

勉強がはかどるやる気UPの方法

次は勉強のやる気を出す方法についてです。

勉強がはかどるやる気UPの方法
  1. 作業興奮
  2. 目標勾配

①作業興奮

1つ目のやる気を出す方法は作業興奮です。

作業興奮は厳密にいうと方法ではありません。

作業興奮とは、始めのうちはやる気が出ないが、勉強を始めてしばらく経つとやる気が出てくる現象のこと。

脳科学によると、やる気は側坐核と呼ばれる部位によって生じます。

しかしこの側坐核はある程度の刺激がないと働かないようになっているらしいんです。

時間にして5分ほどはやる気が出ないと言われています。

なので勉強のやる気を引き出すためには、最初の5分を我慢して勉強できるかどうかが重要なんです。

そこで最初の5分にオススメなのが「書き写し勉強法」です。

教科書の要点を吸収する「書き写し勉強法」のやり方を解説!

2019.02.24

教科書やノートの内容を書き写すのはやる気がなくてもできますよね。

5分の書き写しでやる気を引き出してから、本命の勉強に移るのがオススメです。

まっち
やる気が出ないのは脳のメカニズムの問題だったんですね。

②目標勾配

2つ目のやる気を出す方法は目標勾配です。

目標勾配とは、目標が近くに見えるほうが取り組みの意欲がわく心理現象のこと。

コーヒーショップのスタンプカードの実験結果があります。

  1. スタンプ枠が10個で、最初はスタンプが1つも押されていない。
  2. スタンプ枠が12個で、最初からスタンプが2つ押してある。

どちらのカードも埋まるには、10個のスタンプが必要です。

ところが②の12枠あるカードをもらったお客さんのほうが、スタンプを早く集めました。

このようにゴールを近くに感じられるほうが、やる気が出るんです。

まっち
マラソンで行う「次の電柱までがんばろう」作戦ですね。

目標勾配を勉強に取り入れる方法はこちら。

  • 前日に勉強の予定を決めておく
  • あらかじめ机の上に勉強の準備をしておく
  • 1つ1つの勉強を細かくわける

勉強を始める前に、少しでも勉強のハードルを下げておくと、やる気がモリモリ湧くようになりますよ。

勉強がはかどる効率UPの方法

最後に効率を上げる方法を解説します。

勉強がはかどる効率UPの方法
  1. 間隔反復学習
  2. 人に教える

①間隔反復学習

1つ目の効率を上げる方法は間隔反復です。

脳が勉強内容を記憶するためには

  1. 脳の整理時間を設ける
  2. 繰り返し学習する

が必要です。

間隔反復学習は、最適な感覚を設けて復習することで、脳の記憶効率を最大にします。

間隔反復学習で推奨されている復習間隔はこちらです。

間隔反復学習
  1. 勉強した翌日に復習する
  2. さらに3日後に復習する
  3. さらに1週間後に復習する
  4. さらに1ヶ月後に復習する

どれだけ勉強しても、脳が記憶を整理する時間がなければ意味がありません。

勉強したことは寝かして初めて知識になるんです。

「勉強は時間がかかる」といわれる理由ですね。

記憶が定着する期間を意識するだけで勉強がはかどるようになりますよ。

【勉強論】暗記のコツは脳にあり!一生使える暗記法を紹介します。

2019.05.14
まっち
私は勉強したことをブログにまとめて、定期的に見直しています。

②人に教える

2つ目の効率を上げる方法は自分の学びを人に教えることです。

人に教えると勉強がはかどる理由はこちら。

「教えること」で勉強がはかどる3つの理由
  1. 深い知識が必要になるから
  2. 実践により知識が定着するから
  3. 自分の間違いに気づけるから

人に教えるためには十分な知識と経験が求められます。

さらに先ほどのアウトプットの話にも繋がっていて、人に勉強を教えること自体がアウトプットの役割を果たします

特に「実践的な勉強をしたい!」人にオススメの勉強方法です。

私が家庭教師をしてわかった、最強の勉強法は「友達に教えること」。

2019.03.03
まっち
家庭教師は自分の勉強になるので、お得なお仕事なんです♪

まとめ:勉強がはかどる6つの方法

勉強がはかどる6つの方法
  1. ポモドーロテクニック
  2. 瞑想
  3. 作業興奮
  4. 目標勾配
  5. 間隔反復学習
  6. 人に教える

勉強がはかどる方法は色々ありますが、

私が自信をもってオススメするのはこの6つです。

6つの方法をマスターすれば勉強がはかどることは間違いなし。

ぜひ実践してみてくださいね!

さらに勉強がはかどる情報はこちら。