「自分で考える力」を鍛える方法。社会人に必須の3つの思考法を知っていますか?

この記事でわかること
  • 「自分で考える力」とは何か。
  • 「自分で考える力」を養うコツ
  • 3つの思考法
まっち
こんにちは。まっち(@matched_ch)です。

あなたは「少しは自分で考えてみたら?」と言われたことがありますか?

もしくはあなた自身が誰かに言ったことはありますか?

「自分で考える力」はトレーニングをすれば誰でも身に付けられます。

その反面で、意識的に取り組まないと「何をすればいいのかわからない……。」といった事態に陥ることも。

今回は「自分で考える力」を養うコツ3つの思考法と結び付けて解説します。

まっち
部下に「自分で考える力」を身に付けさせたい方も参考にしてくださいね。

「自分で考える力」とは?

そもそも「自分で考える力」とは何なのでしょうか?

その答えは、自分に問いを投げる力です。

自分に問いを投げる力

自分で考える = 自分に聞く

自分で考えない = 他人に聞く   

自分で考える力を身に付けている人は、自分自身に問いを投げ、自力で問題の解決を試みます。

その一方、自分で考えられない人の解決方法は、他人への質問です。

正直「自分で考える力」がなくても生きていけます。

仕事の疑問は先輩や上司に、

日常の疑問はGoogleに聞けばほとんど解決です。

しかし個人の考えや判断は、社会を動かすための燃料になります。

1人1人が自分で考える力を持っているかどうかで、集団の勢いが大きく変わりるんです。

まっち
1人1人は「自分には何ができるんだろう?」と考えられたら、社会が良い方向へ向かいそうですよね♪

「自分で考える力」を身に付けるには?

「自分で考える力」を身に付ける方法はカンタンです。

自分に向かって適切な問いを投げかける

これだけです。

「自分で考える力」がない人は、自分への質問方法を知らないだけなので、適切な問いの投げ方を知れば解決します。

「自分で考える力」を養う問い

「自分で考える力」を養うための適切な問いとはどんなものなのでしょうか?

ビジネスシーンで役に立つ思考法は3つあります。

  1. 論理的思考法(ロジカルシンキング)
  2. 批判的思考法(クリティカルシンキング)
  3. 水平的思考法(ラテラルシンキング)

そして適切な問いはそれぞれで異なります。

なので思考法の説明とそれぞれの問いを解説していきますね。

「自分で考える力」を養う問い
  1. 論理的思考法 → 「なぜ?」
  2. 批判的思考法 → 「それは正しいのか?」
  3. 水平的思考法 → 「他の場合はどうか?」

①論理的思考法

1つ目は論理的思考法(ロジカルシンキング)です。

論理的思考法は学習指導要領でも言及されているので、1番なじみがあると思います。

論理的思考法とは、カンタンにいえば、理由や根拠を明らかにする考え方です。

1つのことを深堀りしていくため、垂直的思考ともいわれます。

この思考法をマスターするための問いは、

「なぜ?(Why?)」

です。

たとえば上司に「この書類をコピーしておいて」と言われたとき、何枚コピーするべきでしょうか?

ここで「なぜ?」の問いかけを使い、「なぜコピーするんだろう?」と考えてみましょう。

「会議があるからコピーするのか」という結論が得られたなら、会議に出席する人数分コピーすればいいOKです。

「ファイルに保管するためのコピーだ」という結論ならば、1部でいいかもしれません。

このように「なぜ?」の問いは理由を明らかにし、筋道の立った考え方を可能にします。

まっち
論理的な考え方ができると、トークの説得力もあがりますよ。

②批判的思考法

2つ目は批判的思考法(クリティカルシンキング)です。

ここでいう「批判」はネガティブな意味ではありません。

「ひょっとしたら違うかも?」と疑問を持って物事を考え直すことを指します。

たとえば「お金が必要だ」→「収入源を増やさねば」→「副業としてブログを始めよう」という論理的思考を行ったとします。

批判的思考は「本当に収入源を増やすのが正しいのか?支出を減らすのじゃダメなのか?」「ブログ以外の副業のほうがいいんじゃないか?」といった追加の質問をしていきます。

疑問を自分に再度ぶつけることで、より深く考えることができるんです。

まっち
論理的思考と批判的思考を習得すれば、「自分で考える力」は十分身に付きます!

③水平的思考法

3つ目は水平的思考法(ラテラルシンキング)です。

水平的思考は、垂直的思考とも呼ばれる論理的思考とは対になっています

論理的思考はある前提のもとで、1つのことを深堀りしていくのに対し、

水平的思考は前提そのものを覆します

先ほどの論理的思考「お金が必要だ」→「収入源を増やさねば」→「副業としてブログを始めよう」を思い出してください。

水平的思考では「そもそもお金は必要なんだろうか?」「そもそもお金ってなんだろう?」と前提や常識を疑います。

しかし私たちは前提や常識を「あたりまえ」と認識しているので、疑うことは難しいです。

「なんでこの人は玄関で靴を脱いでるんだろう?」

「割りばしを割らずに使ったらどうかな?」

こういうことを考えるのは難しいですよね。

そこで便利なのがオズボーンのチェックリストです。

オズボーンのチェックリスト
  1. 他に使い道はないか?
  2. 他からアイデアを借りられないか?
  3. 変えてみたらどうか?
  4. 大きくしてみたらどうか?
  5. 小さくしてみたらどうか?
  6. 他のものでは代用できないか?
  7. 入れ替えてみたらどうか?
  8. 逆にしてみたらどうか?
  9. 組み合わせてみたらどうか?

このチェックリストに沿って考えることで、新たな発想を得られます。

まっち
水平的思考までマスターしたら考える力はばっちりですね!

まとめ:「自分で考える力」を養うコツ

「自分で考える力」を養う問い
  1. 論理的思考法 → 「なぜ?」
  2. 批判的思考法 → 「それは正しいのか?」
  3. 水平的思考法 → 「他の場合はどうか?」

「自分で考える力」は考えることを習慣にすれば、カンタンに身に付きます。

自分に3つの問いを投げかけることを続けて、「自分で考える力」をもったデキる社会人になりましょう!