【散歩で気分転換】私が愛して止まない「散歩の楽しみ方」を解説します。

この記事でわかること
  • 散歩とは何か
  • 散歩が気分転換になる理由
  • 散歩の楽しみ方
まっち
こんにちは。まっち(@matched_ch)です。

「今日は気分が悪いな……。」

「最近、元気がないな……。」

風邪でもないのに、心身ともに元気がないときってありますよね。

「どうにかしたい」とは思いつつも、良い気分転換の方法がない……。

そんなあなたの悩みを解決してくれるのが散歩です。

今回は気分転換になる「散歩の楽しみ方」を解説します!

まっち
散歩を生き甲斐としている私が散歩の良さを宣伝します!

散歩とウォーキングの違い

はじめに散歩とウォーキングの違いを話します。

「えっ、散歩とウォーキングって違うの?」と思う方も多いでしょう。

散歩とウォーキングではメインの活動が異なります。

散歩は字のごとく、散策を目的としています。

風や風景を楽しんだり、

時々立ち止まってスケッチをしてみたり。

それが散歩と呼ばれるものです。

一方でウォーキングは、運動を目的としています。

いわゆる有酸素運動ですね。

体を動かすのが目的なので、立ち止まって風景を楽しむことはあまりしません。

コースも毎日同じなことが多いです。

散歩とウォーキングの違い
  • 散歩 → 「散策」するために歩く
  • ウォーキング → 「運動」するために歩く

ウォーキングは運動によって身体の健康を支えますが、

散歩は道中を楽しむことで、心の健康を支えるんです。

まっち
私の心が健康なのは、散歩のおかげです♪

散歩が気分転換になる理由

散歩が気分転換になるのには、科学的な理由があります。

それは次の2つです。

散歩が気分転換になる理由
  1. 血行促進
  2. セロトニンの分泌

①血行促進

最初の理由は血行促進の効果があるからです。

人が悩み落ち込むのは、大抵、脳の働きが鈍っているときです。

「悩みが頭から離れない……。」という経験はないですか?

あれは脳の働きが鈍っていた証拠です。

歩くと足に溜まった血液が循環し、血行が促進されます。

そして脳にも十分な血液が回るようになり、思考能力が向上するんですね。

なので散歩をすると、悩みやストレスが解消されて気分転換になるんです。

まっち
私も気分が落ち込んでるときは散歩するようにしています。

②セロトニンの分泌

もう1つの理由はセロトニンが分泌されるからです。

セロトニンは心を落ち着かせる物質で、別名「幸せホルモン」と呼ばれています。

セロトニンが分泌されるのは

  1. 太陽光を浴びたとき
  2. リズム運動を行ったとき(歩きを含む)
  3. スキンシップや会話

です。

散歩は2つの条件を満たしています。

家族や友達と一緒に散歩すれば、さらに3つ目の条件もクリアです。

ウォーキングは運動を重視しているので「話しながらのウォーキング」は難しいですが、散歩ならどうでしょうか?

楽しくおしゃべりしながらでもできそうですよね。

まっち
あなたも散歩でスッキリしませんか?

気分転換になる散歩の楽しみ方

散歩が体に良いことがわかったところで、本題に入ります。

気分転換になる散歩の楽しみ方はこちら!

気分転換になる散歩の楽しみ方
  1. 自然を楽しむ
  2. 歴史を楽しむ
  3. 日常の中の非日常を楽しむ

①自然を楽しむ

1つ目の楽しみ方は空や風景などの自然を楽しむことです。

散歩中は風を浴びたり、道端の草木が視界に入ります。

「今日は風が気持ちいいな」だとか、

「空が青いな」だとか、

ゆっくりと自然を堪能できます。

普段は忙しくて自然を感じることができませんよね。

しかし散歩中は五感を使って自然を楽しむチャンスです。

毎日見て感じているはずなのに、それを全然実感していないのが自然なんです。

散歩という名目で、身近な川の景色を楽しんだり季節の花が咲いている公園を満喫したりしましょう!

まっち
私は空を見るのが好きです♪

②歴史を楽しむ

2つ目の楽しみ方は地域の建物などで歴史を楽しむことです。

たとえば、地元の神社や学校などが挙がります。

年季の入った民家なども挙げられますね。

特に自分の故郷を散歩すると、思い出とともに郷愁感に浸れるんですよね。

昔の人が紡いできた想いや、自分が今存在していることを考えるのは、自分を見つめ直すきっかけになります。

あまり考える機会のないことなので、散歩中に楽しむのがオススメです!

まっち
近所の方たちと昔話をするのもオススメですよ。

③日常の中の非日常を楽しむ

3つ目の楽しみ方は日常の中に潜んでいる非日常を楽しむことです。

たとえば日常的に視界には入る道でも、通ったことがなければ非日常を感じれます。

日常で通る道であっても、普段はみない景色を堪能したり、逆から通ったりすれば、非日常です。

長年住んでいても、何気なく体験し損ねていることは意外とたくさんあります

自由奔放だった子供の頃を思い出して、興味の赴くままに歩みを進めてください。

きっと新しい発見がありますよ。

まっち
自分だけの散歩スポットを見つけるために、日々探検です!

散歩で気分転換するときに注意すること

散歩で気分転換をするときは注意するべきことがあります。

それは、疲れないようにすることです。

「散歩に夢中で歩き過ぎた……。」

となると、せっかくの気分転換も水の泡。

歩き過ぎで疲れないように、

  • 時間を計る
  • お気に入りの場所で休憩する

などの対策をとりましょう。

まっち
自由気ままにできるのが散歩の良いところ。疲れたなと感じたら立ち止まって休みましょう。

まとめ:散歩で気分転換

気分転換になる散歩の楽しみ方
  1. 自然を楽しむ
  2. 歴史を楽しむ
  3. 日常の中の非日常を楽しむ

散歩はいつでもどこでもできるのが魅力ですよね。

家の周りを散歩するのもいいですし、

出張や旅行で遠出したときの散歩もいいです。

散歩に決まったルールはありません。

自由にあなただけの散歩を見つけて、気分転換を楽しんでください!