「変わってる」と言われる人は居場所を増やすべき。

この記事を読むべき人
  • 「変わってる」と言われて悩んでいる
  • 「普通」がわからない
  • 除け者にされている感じがする
まっち
こんにちは。まっち(@matched_ch)です。

「あんた変わってるね」と言われると、「お前は違う!」と除け者にされている感じがして辛いですよね。。。

私も高校生の頃、クラスメイトに「お前ほど変わってるやつは見たことがない」と言われ、ショックで寝込んだ経験があります。

個性的であることは言いことだとは思いつつも、心の奥底では拒絶されることを恐れてしまいます。

今回は「変わってる」と言われる人がとるべき行動について解説します。

あなたが「変わってる」と言われる理由

あなたが周囲の人たちに「変わってるね」と言われるのには理由があります。

今の居場所で浮いてるだけ

あなたが「変わってる」と言われる理由は、今の居場所であなたが浮いてしまっているからです。

私が小学生だった頃、周りの友達たちは「昨日のドラマ面白かったね」「あのミュージシャンの新曲いいよね!」と流行りの番組や音楽について話していました。

私はというと、読書ばかりしていたので話についていけませんでした。

私が「テレビみてないよ」というと周りの友達たちは揃って「変わってる」と言うんですよね。

私からすれば毎日テレビを観ていられるほうが「変わってる」のに。

その当時は「なんで仲間はずれにするんだ」と悲しみに暮れましたが、今思うと明らかに浮いていました。

周囲に同類と呼べる「同じ価値観をもった仲間」がいるかどうかによって、あなたの「変わってる」度合いは大きく変わります。

「何を重視するのか」

「何に興味をもつのか」

あなたが「変わってる」と言われるのは、同じ価値観の仲間がいないだけなんです。

「変わってる」は居場所によって違う

小学生の私は確かに「変わってる」子どもでした。

しかし、中学に進学すると事情が変わります

中学にあがると生徒の数が増えたからか、図書館には、私と同じように読書を楽しんでいる「仲間」がたくさんいたんです。

黙々と読書をしている生徒。

ワクワクしながら次に読む本を探している生徒。

そこでの私は断じて「変わってる」子どもではありませんでした。

ここで学んだことは「居場所によって『変わってる』の意味は違う」ということです。

小学生の頃の私は「変わってる」子どもでしたが、図書館においてはテレビの話ではしゃぐほうが「変わってる」ですよね。

ほかにも、私は屁理屈をこねるばかりすることでも「変わってる」と言われてましたが、「屁理屈をこねるのが仕事」の「数学」を学ぶ仲間からは「変わってる」と言われたことはありません。

むしろ「変わってる」と言われていた「屁理屈をこねる個性」が長所になっています。

つまり「変わってる」と言われるということは、今の居場所があなたに合っていないだけなんです。

そしてあなたが輝ける居場所は必ずあります。

ですので、居場所を増やすことをしてください。

それがあなたの悩みを解決する近道です。

あなたの居場所を増やそう

新しい環境を探す

あなたの個性を活かすために新しい環境を探しましょう。

また、新しいといっても知り合いが多い環境はやめたほうがいいです。

「知り合いがいる環境=これまでと同じ環境」なので。

出来るだけ知り合いがいなくて、自分の常識が変わるような環境が好ましいです。

私の周りにはブログを書いている人はいませんが、ツイッターではたくさん仲間がいます。

ネットの力も使いつつ、少しずつ、自分のコミュニティーを増やしていきましょう

辛かったら逃げ出せばいい

今の居場所が辛かったら逃げ出して新しい居場所を探しましょう。

辛い環境に身をおき続けると、あなたの可能性を潰してしまいます。

あなたの個性を活かせる居場所で生き生きと活躍するのが吉です。

【1人で抱え込むあなたに】辛いことがあったとき最初にするべきこと【乗り越え方】

2019.03.18

まとめ

「変わっている」と言われる人は

居場所を増やそう!

自分が生き生きと活動できる居場所を見つけるのは、正直難しいです。

しかし、色んなことに挑戦して、色んな仲間と出会っていけば、きっとあなたの居場所は見つかります。

あなたの「変わってる」個性を活かした人生を送りましょう!