仕事を片付ける秘訣は朝にアリ!仕事を溜めない時間の使い方!

この記事を読むべき人
  • 仕事を溜めない方法を知りたい
  • 効率的に仕事をしたい
  • 朝に仕事をする効果を知りたい
まっち
こんにちは。まっち(@matched_ch)です。

あなたは仕事を溜めてしまいがちですか?

以下は私のツイートです。

私は多忙な1日でも必ず

  • ブログを書く時間
  • 本を読む時間

を確保しています。

これは私が「仕事を管理するのが上手」だからではありません(むしろ管理は苦手です)。

今回の記事では、仕事を溜めないための時間の使い方について解説します。

仕事を溜めない秘訣は”朝”

任された仕事を片付け、溜めないための秘訣は“朝”の時間にあります。

起床直後が最もクリエイティブ

脳が最もクリエイティブな時間帯は、朝の起床直後だと言われています

この事実は成功者たちの発言によって証明されています。

「一日の最初の時間帯は、自分の事業を構築するのに役立つ、最優先のタスクにつぎ込みなさい。それも一切中断せずに。メールや携帯を覗いたりしないで、世間が目覚める前にやってしまうことだ」

――トム・ジグラー(ジグラーCEO)

ケビン・クルーズ『1440分の使い方――成功者たちの時間管理15の秘訣』2017年/パンローリング株式会社

「朝は『実作業』のために時間を確保するようにしている。午前中は比較的集中しやすいのに対し、会議攻めになった後はそれがもっと困難になると自覚しているからだ。したがって会議はなるべく午後に回す」

――ネイサン・ブレチャージク(エアビーアンドビー共同創業者)

ケビン・クルーズ『1440分の使い方――成功者たちの時間管理15の秘訣』2017年/パンローリング株式会社

起床直後の脳は、(スマートフォンのキャッシュクリアのように)睡眠によって記憶や感情の整理が済んでいるので、余計な考えごとをする心配がありません。

朝の時間帯は脳の容量をフルに使えるので、厄介な仕事を片付けるのに最適なんです

午後は他の予定が降って湧く

朝の仕事が効果的な理由はもう1つあります。

それは、午後になると予想外の仕事が降って湧き、予定が狂うからです。

日が暮れるにつれ、新たな予定たちが、あなたの前に現れます。

上司からの急な指令。

保育園からの呼び出し。

こういった予定の大半は、あなたの都合に関係なく、迅速な対処を求めてきます。

しかし、朝に仕事をしてしまえば、そんな心配とは無縁です。

身勝手な予定たちが顔を出す前に仕事に取り組むことで、仕事を溜めないことができるんです

仕事が溜めない時間の使い方

仕事を溜めない時間の使い方のポイントは2つあります。

仕事を溜めない2つのポイント
  1. 難しい仕事は起床後2時間以内で
  2. ToDoリストは使わない

①難しい仕事は起床後2時間以内で

1つ目のポイントは、難しい仕事は起床後2時間以内に終わらせることです。

「起床直後の時間は脳がクリエイティブな状態にある」ことを先ほど述べました。

しかし、仕事を溜めない方法を知りたがっている人の多くは、朝のゴールデンタイムを単純な仕事をこなすために使っています。

新聞やニュースのチェック。

メールへの返信。

TwitterなどのSNSでの交流。

これらの単純な仕事をこなすのは午後の休憩時間にでも片付けてしまって、朝の時間は頭を働かせる必要のある仕事を行うべきです

朝やってはいけない仕事
  • 新聞やニュースのチェック
  • メールへの返信
  • TwitterなどのSNSでの交流

早起きをして取り組んでもいいですし、

通勤中に取り組むのもいいです。

とにかく、起床直後のクリエイティブな時間帯を無駄にせずに、難易度の高い仕事のために活用することが重要なんです。

②ToDoリストは使わない

2つ目のポイントは、ToDoリストを使わないことです。

ToDoリストに関して、以下の事実が明らかになっています。

ToDoリストにおけるタスク
  • 50%は1時間以内に達成○
  • 41%未達成のまま×

(↓こちらの記事からの引用です↓)

ToDoリストがタスク管理に不向きな3つの理由。

2019.02.21

ToDoリストの問題は、簡単な仕事から取り掛かってしまう点にあります。

ToDoリストでは、全てのタスクが表示されるので、簡単に終わらせられる仕事が目立ちます。

また、締め切りがわからないので、締め切りに関係なく、取り組む仕事を選択してしまいます。

こうした事情から、ToDoリストで1日の予定を管理してしまうと、朝のゴールデンタイムを簡単な仕事のために費やしてしまうんです。

ですので、仕事の管理をするのであれば、カレンダーなどのスケジュール表を活用して、「今日必ず取り組まなければいけない仕事」をはっきりさせましょう

仕事を溜めない時間の使い方:まとめ

仕事を溜めない2つのポイント
  1. 難しい仕事は起床後2時間以内で
  2. ToDoリストは使わない

私は時間をうまく使うのが苦手ですが、面倒な仕事は起きてすぐに取り組むことで、効率的に仕事をやりくりできています。

ぜひあなたも朝のゴールデンタイムを活用して仕事を溜めない生活を送ってください!