「ダメな自分」から抜け出すために必要なこと。

この記事を読むべき人
  • 「ダメな自分」を変えたい
  • みんなと比較してしまう
まっち
こんにちは。まっち(@matched_ch)です。

「ダメな自分を変えたい」

こんな考えを持っている人は多いですよね。

私もその1人でした。

ですが、今は違います。

あることに気づいた結果、

「ダメな自分」から抜け出すことに成功しました。

今回の記事では、「ダメな自分」から抜け出すために必要なことについて解説します。

「自分はダメだ」と考えてしまう原因

なぜ「自分はダメ」なのか

あなたはどういうときに

自分はダメだ」と感じますか?

そして、なぜ「自分はダメだ」と思いますか?

この質問に「ダメな自分」から抜け出すヒントが隠れています。

私が「自分はダメだ」と

否定的になっていたのは

大学生の頃です。

私は物覚えが悪い上に不器用なので、

バイトでよくヘマをしていました。

自分なりに失敗しないように気をつけてはいましたが、自分が想定していない意外なところでミスをしてしまうんです。

そしてミスをすると色々な気持ちが込みあげてきます。

「周りに迷惑をかけて申し訳ない」

「自分だけミスして恥ずかしい」

「怒られるのが怖い」

これらの気持ちが、

私の「自分はダメだ」の発生源です。

あなたはどういうときに

「自分はダメだ」と感じますか?

そして、なぜ「自分はダメだ」と思いますか?

先ほどの質問への私の答えはこうです。

まっち の解答
  • バイトでミスをしたときに「自分はダメだ」と感じる
  • 理由は「周囲への申し訳なさ」「自分だけという恥ずかしさ」「上司から怒られることへの恐怖」

ここで、上記の解答の太字の部分に注目してください。

周囲への……」

自分だけ……」

上司から……」

これらに共通することはなんでしょうか?

その答えは

「他人に対する感情」

です。

「他人」と比べるのが原因

「自分はダメだ」と考えてしまう原因は、

「他人」と「自分」を比べてしまうことにあります。

先ほどの私の実話でもそうでしたね。

まっち の解答

周囲への申し訳なさ」

自分だけという恥ずかしさ」

上司から怒られることへの恐怖」

私の中では、

バイト先の「同僚」や「上司」は

いわゆる「できる人」、

そして私自身は「できない人」という認識でした。

まっち はこんな風に思っていた
  • 周りのみんな → できる人
  •  自分自身  → できない人=ダメな人

つまり私は、

「バイト先でのミス」によって、

「他人と自分を比較」した結果、

「自分はダメだ」という結論を出していたのです。

そして、この現象は私に限った話ではありません。

多くの人が「他人」と「自分」を比べて自己嫌悪に陥ってしまっています

「ダメな自分」から抜け出すために

それでは「ダメな自分」から抜け出すために必要なことは、一体なんなのでしょうか?

結論をいうと、「自分の考え方を変える」です。

「他人」と「自分」は違う生き物

「自分もみんなも同じ人間」

という考えを捨てて

「自分と他人は違う生き物」

だという認識を持ってください。

以下は私のツイートです。

重要なのは、「自分」と「他人」をはっきり区別することです。

必要な考え方
  • 悪い考え方……「自分もみんなも同じ人間」
  • 良い考え方……「自分と他人は違う生き物」

他人の真似をする必要はない

あくまでも

他人は他人、

あなたはあなた

です。

ですので、無理して他人の真似をする必要はありません

周りの人間ができることを

あなたができなくても

それはおかしいことではありません。

逆にいってしまえば、

みんなはできないけどあなたにはできること

もきっとあります。

あなたの「簡単」が他人の「難しい」

私は物覚えが悪く、不器用だといいましたが、

数学のような論理的な考えごとをするのは得意です。

テキパキ働けない代わりに、

じっくりと問題点を探すことはできるんです。

(それを活かせる仕事が家庭教師でした)

しかし私は、

「こんな考えごとくらいみんなできるでしょ」

と思っていました。

自分にとっては当たり前のことだったので、みんなもできるはずと思い込んでいたんですよね。

その結果、自分の長所に気づけず、短所にばかり目を向けていたんです。

あなたはどうですか?短所ばかり見ていませんか?

あなたにも長所はあります。

あなたが「自分はダメだ」と思ってしまうのは

自分の長所に気が付いていないからなんです。

あなたにできることをやる

ですがいきなり、

「自分の長所を見つけろ!」

なんていわれても難しいですよね。

ですのでとりあえずは、

あなたにできることから始めてください。

あなたの「できること」がなんであっても、「恥ずかしい」なんて思わずにやってみてください。

不器用ならゆっくり皿洗いをすればいいんです。

高校生でも小学生用の計算ドリルをやっていいんです。

まずはできることから始めましょう。

そうしたら、自然とあなたの長所も見えてきます

まとめ

「ダメな自分」から抜け出すために必要なこと

他人を気にせず

「あなたにできること」

をやっていこう!

正直にいうと、今回の記事を読んだだけではあなたの中にある「自分はダメだ」という考えを払拭することはできないと思っています。

なぜなら、あなたのネガティブな考えを変えるためには、あなたが自分で自分の長所に気づく必要があるからです。

私ができるのはここまでですが、あなたならきっと大丈夫です。

今回の記事があなたの一助になることを願っています。

まっち

何かあれば相談に乗るので、

気軽にツイッター( @matched_ch )までどうぞ。