モチベーションをキープするのは無理!正しい勉強法を解説!

この記事を読むべき人
  • モチベーションを維持できなくて困っている
  • 無理して長時間勉強している
  • 集中力が続かない
まっち
こんにちは。まっち(@matched_ch)です。

「なぜモチベーションをキープ出来ないのか?」

この考えは誤りで、基本的にモチベーションはキープしようと思って出来るものではありません。

今回の記事は、モチベーションの謎と、それを考慮した正しい勉強法について解説していきます。

モチベーションはキープできないもの

モチベーションは2種類ある

モチベーションには2つの種類があります。

それは、瞬間的なモチベーション持続的なモチベーションです。

モチベーションの2つの種類
  • 瞬間的なモチベーション
  • 持続的なモチベーション

持続的なモチベーション

今、こう思った人はいませんか?

「持続的なモチベーションならキープできるじゃん!タイトル詐欺!」

そうです。キープできるモチベーションも存在するのです。

ではなぜ「キープするのは無理!」というタイトルにしたのかというと、持続的なモチベーションは現実的ではないからです。

持続的な方のモチベーションを引き出すためには、強大な意思の力や興味の力が必要なので、その多くが自然発生的なものです。(趣味だと毎日欠かさず続けられますよね?そのときに発生しているのが持続的な方のモチベーションです)

従って、持続的なモチベーションを意図的に引き出すことはほぼ不可能なんです。

瞬間的なモチベーション

それに対して、瞬間的なモチベーションはどういうものかというと、「内容に興味はないけど使命感を感じるもの」に対して抱くモチベーションです。

例えば、テスト勉強などは多くの人に当てはまると思います。(テスト勉強が好きな人には謝ります。申し訳ありません。)

そして悲しいことに、現代社会においてはこの瞬間的な方のモチベーションを扱う場面がほとんどです。

ですので、扱うのがとても難しい持続的なモチベーションは置いといて、

瞬間的なモチベーションを駆使する方法

について話していきます。

モチベーションを活かす正しい勉強法

学校の時間割

急ですが、学校の時間割を思い出して下さい。そしてどの曜日でもいいので、1日分の時間割を頭に思い浮かべて下さい。

そこに瞬間的なモチベーションを活かすためのヒントが隠されています

学校の時間割では、1コマ目と2コマ目、4コマ目と5コマ目のように、隣り合ったコマには異なる科目が入っていると思います。連続して同じ科目が入っているとしても、多くて2コマ程度ですよね。

時間割はなぜこのような構成になっているのでしょうか?

答えは、意欲を無駄にしないためです。

時間割では、興味が尽きること(簡単にいうと「飽き」)によって勉強に対する意欲が下がるのを防ぐために、敢えて同じ科目が連続しないように作ってあるんです。

そしてここでいう「意欲」こそが瞬間的なモチベーションな訳です。

モチベーションを作り続ける

実は人間の脳には「飽き」がくる機能が備わっていて、同じことを続けていると、どうしてもモチベーションが下がってしまいます

しかし、色々なことを順番に行うことで、いつまでも新鮮なモチベーションで活動することができるんです。

特に、人間の集中力は90分ほどで限界を迎えるといわれています。効率良く勉強するために、90分おきにやることを変えて勉強に励みましょう!

まとめ

正しい勉強法

同じ勉強をずっと続けるのはやめて

色んな科目の勉強を順番に行おう!

多くの学生が、モチベーションをキープ出来ないという悩みを抱えています。私自身もそうでした。

しかし

「キープ出来ないなら、キープしなければいい」

という考えに至ることで無事解決することができました。

ぜひ今回の内容を実践してストレスフリーな学生生活を送ってください!